FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーカシング

今回は、メイウッドで行っている心理療法のひとつであるフォーカシングについて書きたいと思う。

フォーカシングは、ユージン・ジェンドリンがカール・ロジャーズのカウンセリングの録音を分析して、上手く行ったカウンセリングには共通してクライエントが何らかの体感覚を感じながら言葉を発していることを発見して、それを心理療法の技法として体系化したものである。

人が悩みや苦しみを感じる時には、頭で考えていることと心で感じていることが一致していない。
不一致が大きくなると、それが心身症として身体症状に出たり、神経症として現れたりする。
身体は頭よりも心と親和性があるので、身体の中の声に耳を傾けることで自分の心を知り、大事にすることが心身の健康を取り戻すために効果を持つ。
フォーカシングはそのための有効な技法である。

フォーカシングを行う人のことをフォーカサーと呼び、フォーカサーの介添えをしてフォーカシングの促進を援助する人のことをリスナーと呼ぶ。

フォーカサーは眼を閉じ、呼吸を整え、少しぼんやりとした意識の状態に入って行く。
そして、身体全体にぼんやりと注意を向けていると、気がかりな人や事柄が浮かんで来て、それに伴って異なる体感覚を感じる。
それらひとつひとつの人/事柄と体感覚の組合せにそれぞれ名前を付けて、身体から離し、どこか好きな場所に置く。
気になるものを全部外に出してしまうと身体の中に「間(スペース)」が出来る。
これを「間を取る」と言う。
間を取って、その時の身体の感覚を覚えて置く。

次にいよいよフォーカシングに入って行くが、3つの入り方がある。
ひとつ目は、間を取った際にどこかに置いた気になる人や事柄からどれかひとつを選んでそれを感じること。
ふたつ目は、今のからだの感じを感じること。
みっつ目は、この頃どんな感じて生きているかを感じること。
どの入口から入っても結局は同じ感覚に行き着くのだが、その時にフォーカサーが入り易いと感じる任意の入口を選択すれば良い。

いずれかの入口から入って、しばらくぼんやりと身体の感じを探っていると、そのうちに何らかの感覚を感じて来る。
例えば、首筋が重くなって来る、とか、脇腹がチクチクして来る、とか。
こうした体感覚のことをフェルト・センスと言う。
フェルト・センスは潜在意識の中にあるものが境界のこちらへと浮かび出て来る言葉になる前の言葉の原型なのだ。
フォーカサーは自分が感じているフェルト・センスを言葉にしてリスナーに伝える。
リスナーはフォーカサーの言ったことを繰り返したり、共感的な質問をしたりして、フォーカサーが安心して自らのフォーカシングに集中出来るように援助する。
フォーカシングの最中には、体感覚だけでなく、イメージが出て来ることもあれば、感情が表出されることもある。
自分のフェルト・センスと取り組んでいる時のフォーカサーの表情はつらそうなことが多い。
つらそうなフォーカサーの表情が或る時ふとなごむ。
リスナーが「今どんな感じですか」と尋ねると、フォーカサーの体感覚に変化が現れている。
この変化のことをフェルト・シフトと言う。
1回のフォーカシングの中で何回もフェルト・シフトが起こることもある。
大抵、フォーカシングが終わる頃には体感覚が心地よいものに変わるか、心地良くは無くとも、イヤな感じが我慢出来る程度に軽減された状態になって来る。
解決しないが、フォーカシングをこれ以上続ける気力が無くなった場合には、最後に残った体感覚に名前を付けてどこかに置いて、次回取り出せるような処置をしてセッションを終了する。

フォーカシングをしている最中に、自分の抱えている問題への気付きを得ることもあるし、セッションが終了して自分の家に帰宅してからフォーカシングの意味に気付くこともある。
そうして得た答えは本当に自分の心の中から出て来たものなので、納得感が得られる。

次回の記事では、私自身のフォーカシング体験を事例としてご紹介したい。
スポンサーサイト

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

迷林亭主

Author:迷林亭主
迷林亭主ことカウンセリングルーム・メイウッド室長 服部治夫。
三鷹市の住宅地に佇む隠れ家的なヒーリグ・スペース。
古民家を改装したくつろぎの空間で、アートセラピーや催眠療法などを活用し、カウンセリングやヒーリング、創造性開発の援助に取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。