FC2ブログ

自由について

「クラシックってすごく制約が多いんですよ」
何十年前かのTV番組の中で、若い女性の軽音楽系の演奏者が語っていた言葉だ。
クラシックの演奏に不自由を感じ、自由になりたかったらしい。
彼女は軽音楽に転向することで、自由を得たようだ。

クラシック音楽の演奏は確かに制約が多い。
それは音楽の要求する技術レベルが高いからだ。
制約を不自由と感じなくなるためには演奏技術を磨く他ない。
制約を制約と感じなくなった時、演奏者は自由を得る。
そして、聴く者は感動を得る。

シーナ・アイエンガーは『選択の科学』の中で、自由には「~からの自由」と「~する自由」がある、と述べている。
初段で紹介した女性演奏者が軽音楽に転向することで得た自由は「~からの自由」である。
それは逃避することによって得られる自由で、自由そのものが目的となっている。
一方、クラシック音楽のの演奏技術を磨くことによって制約を乗り越えて得られる自由は「~する自由」である。
「~する自由」は別の目的を達するための過程で獲得されるもので、それは手段であると言える。

クラシック音楽だけではない、その他の芸術も、スポーツも、仕事上の様々なスキルも、この世のあらゆる技芸には制約があり、その制約を努力して乗り越えることで大きな喜びを得られる。
ルールや約束事がある、と言うことは表現の方向性を制限することで、逆に表現の力を集中して高める効果を持つ。
厳しいルールがあるからこそ、人々はあれ程サッカーに夢中になれるのだ。

無調音楽は数人の天才作曲家を輩出したが音楽の主流にはならなかった。
調性のある方が、表現力のある音楽を作曲し易かったからではないかと思う。
制約こそは表現力強化の源泉である。
同じことは現代美術についても言えるかも知れない。

私達は3次元の空間と時間と言う制約のある世界に生きている。
それが人間の宿命である。
その宿命を不自由と感じるか、むしろ、自由と感じるかはその人の感性による。
前者は自由を目指して苦悩するが、自由が最終目的の行き止まりでその先が無い。
後者は自由と戯れながら生きる先に多様な可能性が開けている。

この世の人生とは、私達の魂が肉体と言う制約を伴って取り組むレッスンと言う見方も出来る。
肉体は制約でもあるが、同時にパワフルな表現のツールでもある。
肉体を出来るだけ軽く感じ、自由に表現活動が出来るように保つこと、これが健康管理が大切とされる大きな理由だ。
己が宿命に自由を感じ、多様な可能性に向けての努力そのものを楽しんでいる時、人は幸福を感じるのだ、と私は思う。

スポンサーサイト



テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

迷林亭主

Author:迷林亭主
迷林亭主ことカウンセリングルーム・メイウッド室長 服部治夫。
三鷹市の住宅地に佇む隠れ家的なヒーリグ・スペース。
古民家を改装したくつろぎの空間で、アートセラピーや催眠療法などを活用し、カウンセリングやヒーリング、創造性開発の援助に取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR