FC2ブログ

経験と学び

人間は経験によって学ぶ、と言われる。
それでは、経験は全て学びに通じるのだろうか。
私は、学びに通じ易い経験と通じにくい経験があると思う。

学びに通じ易い経験とは、感動を伴った体験だと思う。
例えば「アハ体験」と呼ばれる「ああ、分かった!」と感じる体験は一種の感動を伴った体験であるが、この「アハ体験」をすると、そこで得られた知識は深く記憶され、その人の知識体系の中に組み込まれて、知識全体を豊かにする。
実生活に於いて、或いは、芸術作品に触れて得た感動体験は、知識と感情の組み合わさった意味を持つものとして心の深いところに届き、情緒的領域を拡げる。
感動体験を通じて人は多くの知恵を獲得し、成長し、人生を豊かにする。

「体験」とは現実の生活に於いて実際に体験することとは限らない。
想像の世界の出来事でも、それが自分の身体に響くものであれば、自分の骨肉となる。
この「自分の身体に響く」ことが、別の言葉で言えば「感動」なのだ。
心と身体とは密接な関わりを持っている。
従って、身体に響く体験をすることで、その体験の記憶は心に深く刻まれる。

カウンセリングの効用は、この身体に響く体験をすることによって生じる。
安全・安心な場の中で内省することは、潜在意識のレベルで旅し、体験することだ。
この旅によって、今まで気付かなかったものが見えて来る瞬間がある。
この瞬間、クライエントは「アハ体験」、或いは、思わず泣き出すような深い感動を覚える。
この感動体験によって得た認知は強力で、今まで支配していた否定的な認知の上に上書きされる。

カウンセリングは感動体験の玉手箱である。
気付きを得たクライエントの表情はスッキリとしてとても美しくなる。
それを見ていると、カウンセラーも大きな感動を覚える。
癒しは場の力によって行われる。
クライエントもカウンセラーも、場の力からパワーをもらい、浄化される。

カウンセリングは人生に於ける学びのための早道とも言える。
スポンサーサイト

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

迷林亭主

Author:迷林亭主
迷林亭主ことカウンセリングルーム・メイウッド室長 服部治夫。
三鷹市の住宅地に佇む隠れ家的なヒーリグ・スペース。
古民家を改装したくつろぎの空間で、アートセラピーや催眠療法などを活用し、カウンセリングやヒーリング、創造性開発の援助に取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR