スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネス湖の怪

かつてスコットランドを旅した時のことだった。

私はエディンバラで借りた車を運転してインバネスに向かう途中でピトロホリーに寄った。
ピトロホリーは観光保養地で、夏目漱石が英国に留学した際に逗留したこともある場所である。
私がここに立ち寄ったのは、ポタリーを訪ねてみたいと思ったからだ。
ポタリーというのは窯元のことで、スコットランドには随所にポタリーが在る。
イングランド人がスコットランドに移住して開いたポタリーも多いようだ。
日本に於ける北海道に似ている。

陶芸というのは、地水火風の四大元素を使って陶器という全く別なものを創り出す魔法のような技術だ。
スコットランド出身の作家、J.K.ローリングが主人公の魔法使いの少年にポッター(陶工)という名を付けたのも頷ける。

私はポタリーで大きな絵皿を購入し、屋外のテーブルでサンドイッチとミルクティーを注文した。
柔らかな陽射しが心地良い、閑雅な午後のひと時だった。

翌日、ネス湖に向かった。。
駐車場で降りて歩き出すと、バグパイプの音が聴こえる。
アーカート城が見えて来る。
アーカート城はネッシーを写した写真によく前景として出て来る廃墟だ。
城に近付いて行くと、スコットランドの民族衣装を着た若い男がバグパイプを吹いている。
スコットランドらしい牧歌的な風景だとほのぼのとした気持ちになる。

その時突然、ゴーッという耳をつんざくような轟音が空を覆った。
次の瞬間、ジェット戦闘機の大きな機影が降りて来た。
と見るや、瞬く間に向きを変え、湖面すれすれの低空飛行で、アッと言う間に湖の奥へと消えて行った。

辺りには静寂が戻り、バグパイプの音が再び聴こえ出した。
観光客のざわめきも戻って来る。
先程の出来事が夢かと思われるようにのどかだ。

英国空軍の演習飛行だろう。
ネス湖の細長い地形と人里離れた環境が演習飛行に打ってつけなのだろう。
このような事実はいかなるガイドブックにも記載されていないし、テレビで放映されることも無い。
現地に行ってみないと分からない。
世の中にはこうしたことが沢山有るのだろう。

旅の面白さはそこにある。
そして、人生の面白さもまた。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

迷林亭主

Author:迷林亭主
迷林亭主ことカウンセリングルーム・メイウッド室長 服部治夫。
三鷹市の住宅地に佇む隠れ家的なヒーリグ・スペース。
古民家を改装したくつろぎの空間で、アートセラピーや催眠療法などを活用し、カウンセリングやヒーリング、創造性開発の援助に取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。